mm*inside
徒然日記
にょろのこと

運動会と参観日。

先週、息子の幼稚園の運動会と参観日がありました。
息子が通う幼稚園は市内中心部にあるため、市電を使って行きました。
場所は幼稚園から徒歩数分の、旧小学校校庭。
前日は、自転車で草取りのお手伝いに行ったんだよ~(しんどかった)。
運動会は午前で終わるため、お弁当も必要なく、その点では非常に気楽。
年少さんが出るのは、お遊戯と親子参加の競技の2つだし。
息子はどっちも楽しそうに出来てたけど、踊りながらしゃがんでは石灰の塊を摘まんだり、結構ふらふらしてたな・・・。
いつになったら、目の前のことに集中して出来るようになるんだろうか。
広島からはじぃじとばぁば(私の親)も来てくれ、あーだこーだ言いながら楽しみました。
年長さんの組体操には、感動したな~。
2年後、息子も同じことが出来るようになってるのかな。

そして参観日。
園長先生の講話は、半分は「それ、言わなきゃいけないことか?」って内容で、ちょっとガッカリ・・・。
もっと言うことあるでしょうに。
何か「こんなすごいことやってるんですよ」「みんな頑張ってるの」ってアピールばっかで、益々幼稚園選びに失敗した感が。
とはいえ、社宅から息子を通わせられる幼稚園って少ないから、ある程度は目を瞑るしかないんだよね。
どこの幼稚園に行っても何かしらあるんだろうから、もう諦めますけども。
息子のクラスの見学は、それなりな感じでした。
タンバリンの使い方を学ぶって内容。
お母さんたちが、子どもたちが何かするたびに拍手してるのがすごい違和感だったんだけど、そういうもんなのかなぁ?
慣れるしかないのか。
息子も先生のお話聞いて、そこそこ出来てたから良かったと思う。
帰りには年長さんの朝市があって、蒟蒻やバナナを買って帰宅。
息子も、お金を自分で払って好きなものを選ぶっていうのが、凄く嬉しかったみたい。
こういうイベントは、ありがたいんですけどね。
あと2年は通わなきゃいけないから、こういうもんだと私も慣れていかないといけないんだろうな~と思いました。

府中の保育所が良かっただけに、私立幼稚園のくせにこれなのかって思いがすごくある。
私立幼稚園に期待しすぎたのかも。
公立の幼稚園はもっと大変らしいので(親の出番が多い)、お金払って楽させてもらってると考えるのがいいのかもしれないなぁ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA