mm*inside
徒然日記
にょろのこと

妊婦健診12回目(臨月1回目)と右半身に異常アリ。

昨日で36週に入りましたー!
何とか臨月。
正期産まで1週間、まだ自宅安静継続中ですが、それでも臨月です。
ここまでくれば今生まれても大丈夫だそうで、出産も予定通り通院中の産院で出来るらしいです。
良かった。
昨日の健診では、ぽん太はとっても順調。
子宮口は柔らか目なものの、開いてもいないし、前日の内診(経緯についてはまた後程)では頸管長も2.7センチで、この週数では問題ないそうで。
張り止めを急遽中止にした割りには、お腹も張っていないため、張り止めは頓服扱いになりました。
張り止めも、37週に入るまでのこと。
いよいよ出産が近付いて来ました。
ぽん太の大きさについては、一昨日と昨日では400g近い差があったので(一昨日の方が大きかった)、やっぱり500gの誤差は当たり前なのかも。
一応、膣内の溶連菌の話も訊いてみたら、飲み薬はほとんど効果がないらしくて、陣痛が始まってからの注射が1番効果的で、それも出産の1時間前には打っておかないといけないから、陣痛が始まったら早めに産院に行かないといけないらしい。
破水した場合は、それこそ大急ぎで産院へ。
昨日は一応、産院の保育所ににょろを預けられるように手続きもしてきたけど、万が一平日昼間に破水したらにょろを幼稚園まで迎えにいく余裕がないから、やっぱり親には引き続き来てもらってないと・・・。
すっごい申し訳ないけど、こればっかりは仕方ないかも。
ちなみに、にょろは至って健康でした(しかし若干小さめ。そりゃクラスでも1番のチビですから)。

で、私についてですが。
元旦の夜から、右の口まわりに違和感があって。
歯医者の麻酔が切れかけてる時のような、鈍~い感じ。
2日にもそれが続き、3日の朝にはその範囲が目の辺りまで広がってきたので、9時くらいに産院に電話したところ「翌日の診療時間にいらしてください」と言われたので、4日の朝一に産院に行きました。
4日には、右肩が凝った感じと右腕全体のだるさ、右足にもだるさがあって、顔面麻痺とか脳梗塞とか色々考えて行ったんだけど、もしかしたら張り止めの副作用で稀に口まわりの細胞だか神経だかが壊死することがあるそうで、張り止めが中止に。
簡単にぽん太の様子を見てもらい、何の問題もないとのことで、もし張り止めをやめて生まれてしまっても大丈夫とのこと。
念のため血液検査もしてもらい(結果は昨日の健診時でしたが、問題ありませんでした)、万が一のこともないわけではないからと、神経内科と脳外科のある病院を紹介してもらいました。

ここからがねぇ、ホント長かったの。
初診だったのと年明け初日だったのとで、病院に着いてから会計までに5時間半。
何とかにょろがそこそこ大人しくしていてくれたから助かったけど。
診てくれたのは神経内科の先生。
問診と触診の後、「顔面麻痺かなぁ」とのことだったのだけれど、顔以外にも症状があったので念のためMRIと血液検査をすることに。
久々に握力も計ったよ。
右利きだけど若干左のが強かったから、やっぱり何らかの影響が出ていたのかなぁ。
神経内科の看護師さんに「MRIに行ってくださいね」と言われて行ってみると、なんと60分待ち!
この時点で11時は過ぎていて、売店に寄って飴を買っておいたのでにょろに食べさせる。
すると「待ち時間が長いので、先に採血に行ってもらえますか?」とMRI受付の人に言われる。
受診票を持って採血に。
もう行ったり来たり・・・。
その度に食堂の前を通るので、にょろの空腹も限界に(私もね)。
採血は先に産院でもしてたので、このときは反対側の右手に。
お兄さん上手だった!
左腕はこの時点で採血した場所が真っ青になっててめっちゃ痛かったのに(採血の最中から痛かったもんね)、右腕は青くもならなければ痛くもならなかった。
やっぱり専門的に採血してるだけのことはある。

MRIの受付に戻って、ご飯を食べる許可をもらい食堂へ。
にょろとうどんセット(ホントはオムライスが食べたかったけど、塩分とカロリー考えたらうどんしか食べるものがなかった)を注文して食べていたら、MRI受付の人が「そろそろですよ」と呼びに来てくれた。
これが12時40分過ぎ。
とにかくにょろが食べるの遅いので、MRIに戻ったら13時くらいに。
義母には午後から来てもらうことになっていたので、慌ててまだ終わらない旨を電話し、いよいよ初めてのMRIへ。
その間、にょろはMRI受付の人が見てくれてて、ばいきんまんとか紙に描いて遊んでたわ。
ホント助かった。
これが3歳とかだったら、こうはいかなかったよね。
初めてのMRIは、思ったより楽しめたよ。
いろんな音がして面白かった。
今回は20分間だったけど、あっという間だった。

そして再び神経内科の順番待ち。
ここがまた長かった・・・。
結果としては、MRIも血液検査も特に異常なし。
初めて自分の脳の画像を見たけど、すごい綺麗だったよ。
脳も綺麗だったし、脳内の血管も綺麗だった。
色々悪いことばかり考えてたから安心した。
診断としては、恐らく片頭痛による痺れだろうとのこと。
片頭痛って頭痛が酷いイメージがあるけど、実際は痛みは出ずに痺れだけが出ることもあるのだそう。
片頭痛の信号が出ている場所によって、痺れが出たり吐き気がしたり、頭痛がしたりと症状は様々らしい。
今回の症状も自然に良くなるそう(と言っても根本的な治療はできないので一時的に)だけれど、良くなる期間は人それぞれだから、3か月くらいかかる人もいれば、数日で良くなる人もいるって。
もし3週間くらいの間に悪化するようなら、別の病気の可能性があるから、再受診するようにとのこと。
昨日はかなり良くなっていたんだけど、今日はまた少し悪化。
一進一退。
色々調べていたら、妊娠中ってビタミンの不足やホルモンバランスの変化によって、痺れが出ることがあるんだって。
あとは大きなお腹による神経や血管の圧迫。
確かに、ビタミン不足はあるかもしれないと思った。
年末年始はおせちとかうどんとかが多かったから、明らかに野菜は不足してるし、同じようなものばかり食べてるしねぇ。
出産したら、改善するのかもしれない。
とりあえず今は様子見で、明らかにおかしい症状が出たら病院へ。
何にしても、本格的に治療をするなら産後になるだろうしね。
にょろのときも、股関節が痛すぎて歩けなかったりしたし、妊娠中のこういう不調はあるものなんだろう。
まぁ、今年で36だしね・・・5年前の妊娠中よりは不調が出ても仕方ない気もする。
いつか脳ドッグ受けたいと思っていたから、今回は良い機会だったな(高かったけど)。

左腕(産院で採血した方)、今朝から血管が痛い。
採血したとこらから手首にかけて。
にょろの時に退院後しばらく血管が痛かったけど(点滴の影響)、左腕もそんな感じに。
ホント下手だったんだわ、あの看護師さん・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA