mm*inside
徒然日記
ぽん太のこと

幼稚園の発表会でした。

今日は、ぽん太の幼稚園の発表会でした。
先月からチックの症状が出始めたぽん太、昨日の午後はもうどうしたらいいか分からないくらい瞬きがひどく、かなり心配になっていたけれど、今朝は楽しんで出かけることができました。
途中、市電に乗りたいとごねて大変だったけどね、まぁ想定内です。

年少さんは最初の挨拶から始まり、歌とカスタネットやすずなどを使った演奏、他学年の出し物を挟んで各クラスの劇(といえるほどのものではないのだけれど)がありまして。
ぽん太、最初っからすっごい顔しかめてるし、瞬きしまくってるし、小児科の先生からは「指摘しないように」と言われたけど、DVDを見せたら気付いてしまうんじゃないかなと心配になるくらいで。
写真も売り出されるはずだけど、まともな顔したのがあるのか・・・。
見ていると、どうもぽん太は自分がうまくできるかということよりも、周りと合わせられるかというのを、ひどく気にしているように感じました。
劇でも、後ろに下がるタイミングが一瞬早かったんだけれど、止まって戻ってたもんね。
これはストレス溜まるわな・・・。
周りと合わせられるかを毎日気にしてるなんて、しんどいわ。
3学期になって発表会の練習が始まると、発表会の演目を楽しそうに家でも練習するんだけど、「今日も遊べなかった」と言うことが増えて、練習が増えるごとにチックが酷くなったような気がしなくもない。
発表会が終わって、少しでもよくなったらいいね。

ぽん太の性格上、にょろよりも「ちゃんと出来るのかな」っていう心配はなく見られました(実際ものすごくちゃんとやっていた)。
やっぱり下の子、そういう面ではしっかりしてるよ。
幼稚園でも「ぽん太くんはみんなを引っ張ってやってくれます」みたいに言ってもらってるし。
こんなこともできるようになったんだなっていう成長を感じるのと同時に、ここまで来るのにものすごいストレスがあったんだなっていうのも感じて、少し切なくもなりました。

発表会が終わったら、あっという間に春休みに入っちゃうよね。
1か月しかないもんね。
そしたらクラス替えがあって、今のクラスの子とも半分以上は違うクラスに。
お母さんたちも素敵な人が多くて、私もすごく居心地がいいクラスだっただけに、ものすごく寂しい。
来年のクラスもきっといい人が多い! と信じて、来年度からも楽しみます☆
とりあえず、幼稚園生活、私も楽しむと決めていたので、それは達成できた1年だったかなと思います。
小学校の役員も大変だったけど楽しかったし、やっぱり気持ちの持ちようで色々変わっていくなっていうのをすごく実感したよ。
マイナス思考になりがちな私、少しは前向きに頑張れたかな。
4月からも頑張れるように、ひとまず風邪治すわ・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA