mm*inside
徒然日記
にょろのこと

参観日。

10日は参観日でした。
ちょっと厄介なことがあって、あんまり気か進まなかったけど、行かないわけにもいかず。
それはすぐに解決したから良かったんだけどね。
幼稚園側にこちらの気持ちが上手く伝わってない気がして、それはまだまだ気掛かりではあるが・・・。
ちょっと変わった幼稚園だったので、半ば諦めていたりもする。

参観の半分は、子どもたちが自由に遊ぶのを見て、あとの半分は工作をしている様子を見る感じでした。
自由に遊んでいるとき、最初は男の子と教室で遊んでいた息子。
急に「外行ってくるね」と出掛けていった相手は女の子だった・・・。
前日に仲良くなったらしい。
家で名前も聞いたことない子だったからビックリ(しかもよそのお母さんに名前教えてもらった)。
その子とは、外遊びから解散までずっと一緒だったよ。
息子と言えば、先生の話は半分くらいしか聞いてないし、ちょっと心配になった。
そこはちゃんと注意しときましたが。
やっぱりもう5歳を迎えている子は落ち着いていて、先生の話もちゃんと聞けている気がしたよ。
その辺は個人差もあるんだろうけど、面倒見がいいな~って子は、すでに5歳だったりして。
隣になったお母さんに「先生の話聞いてない」って言ったら「どこも同じよ~。よその子がちゃんとして見えるもんよ~」って言われた。
比べても仕方ないってことなんだよね、結局は。
自分の子どもの出来るところと出来ないところをしっかり確認するのが大事で。

帰りには子ども市があって、年長さんが売り子さんで、同じバスの子がニンジン売ってたから買って、タマネギ(横の売場だった)も買おうとしたら、またニンジンを売られる(同じバスじゃない子に)というニンジンまみれに。
そもそもは息子が「タマネギください」って言わずにお金を渡したのが原因で、生協でもニンジン頼んでるからどうしよう・・・と思ってたら、見かねた先生がタマネギと交換してくれた。
何か申し訳ないことになったけど、交換してもらえてとても助かったよ~。
あとはパンとおもちゃを買って帰宅。

の前に用があって区役所に寄ったら、体調的に限界だったみたいで思いっきり体調を崩して、翌日から寝込むことになりましたとさ。
無理はいけない、本当に。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA