mm*inside
徒然日記
にょろのこと

息子、舌を噛む。

最近、私が息子をお風呂に入れるのが体力的にもしんどいので、夏休みを言い訳にしてOさんが帰ってくるのを待って入れてもらうのですが、必然的に夜が遅くなるので息子は必ず昼寝をします。
だいたい2時間くらい。
今日はいつも昼寝をする時間に「眠くない」と言って、隣の部屋でぐるぐる回って遊んでたんだよね。
私は横になってて息子の姿は見てなかったんだけど、息子がきゃっきゃ言いながらバタバタしてるのは分かっていて、そのうち転ぶだろうからそろそろ止めようと思っていた矢先、 バタンと大きな音がして、息子の泣き叫ぶ声が。
慌てて行ってみたら、息子の口の中が真っ赤。
舌を噛んだらしい。
息子に確認したところ、ティッシュ箱を踏んで滑って転んだらしい(ティッシュ箱を床に置いてるのも悪いが、恐らくティッシュがなくとも目を回して転んだのは時間の問題)。
他に打ち身や怪我はないようだ。
とりあえず出血が酷いからどうすべきかなと思い、息子をなだめながらスマホで調べてみたら、酷い場合は縫わないといけないことが判明・・・!
ちょっと焦る。
掛かり付けは総合病院の小児科だから、午後の診療が始まったら行ってみることに(午後がある日で良かった!)。
血が止まらなかったらと不安になってたけど、水でうがいをさせてしばらくしたら自然に止血。
そこまで深い傷ではなかったみたい。
見てみると、ちょうど前歯1本分くらいの傷。
止血して落ち着いたのか息子が寝てしまったから、午後の診療が始まる時間に起こして病院へ。

息子、あんだけ「ちょっと黙ってて」って思うくらいしゃべってたのに、めっちゃ無口・・・。
口が痛いからしゃべりたくないって。
病院に着いても超不機嫌。
先生の前で口を開けなかったらどうしようと思ってたけど、ちゃんと口開けて、舌の他に口の中に怪我がないか見てもらえた。
幸い怪我したのは舌のみで(身体や頭にも打ち身はなかった)、それも酷くはないらしい。
この程度なら様子見するしかないそうで、もし化膿したり舌が腫れたら翌日再受診。

帰宅後、帰りに寄ったコンビニのプリンを食べ(珍しく残した)、鏡で自分の怪我の状態を確認したら少し落ち着いたらしい。
夕飯もいつも以上に時間かかったけど、思ってたよりは食べたよ。
ご飯を食べたら元気も少し戻ってきて、テレビで大好きな某春日を見たら更に元気に。
痛みもかなり軽減したらしい。
良かった。
Oさんが帰ってくる頃には、すっかり痛みは気にならなくなったようだ。
口の中とはいえ、子どもは回復が早い。

今回は、私が声かけるのが遅かったのが悪かったのだが、そもそもは外に連れていかないから体力が余ってるんだよね。
だから家で騒ぐ。
それに、普段昼寝してる時間だからそれなりに眠いのは想像できたことだし、一緒に横になってたら寝たかもしれないのに、それをしなかったのもいけなかった。
明日からは、お昼ご飯が済んだらすぐ布団敷いて、横になるようにしよう。
で、出られそうなら少しでも外に連れていこう。
男の子だから怪我は付き物とは思うものの、実際出血が多いと焦るわ。
私も息子くらいの時に砂山から溝に落ちて顔を切ったことあるけど(お気に入りの服が真っ赤に染まるくらいの出血)、あの時の母の心境が今なら分かる。
経験しないと分からないこともあるけど、やっぱり危険が分かってることなら起こる前に対処しなければ。
私も勉強になった(もちろん息子もね)。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA