mm*inside
徒然日記
Oさんのこと

我が家のクリスマス。

Oさんの帰りが遅いので、今年は23日にクリスマスをしました。
といっても、私が何か出来るわけでもないので、ケーキは注文だし、夕飯もスーパーで買ってきてもらったコロッケと、母に作りおきしてもらった鶏ハムとジャーマン風ポテサラ(に義母が茹でたブロッコリー少々)で、そこまで普段と違った感じではなかったのだけども。
それでも某コンビニイチオシのかまくらケーキは思ってたより美味しかったし、母の作りおきおかずも美味しかったので、私としては満足。
来年は、ケーキは作らないまでも(またコンビニケーキでも良い気がしてきた。ぽん太が食べられるわけじゃないし)、夕飯くらいはバシッと決めたいな~と思いました。

そんな日の夜、なんとドライヤーが壊れるという、悲惨なことが起こってしまったのよ・・・。
そろそろ買い替え時期かなとは話していたのだけど、まだ買ってなかったんだよね。
そしたらば、私が使おうと思ったとき、温風が出なくなった。
冷風は出る。
温風に設定しても、冷風が出る。
何回やり直しても同じことに。
直してくれるという期待は全くしてなかったものの、何か対応策くらいは出してくれるのではないかと、寝ているOさんに声をかけたところ「仕方ない」で済まされた(そしてすぐ寝る)。
この男、「仕方ない」と言えば何でも解決出来ると思っているようです。
愚かな・・・。
結局、先日それでもめたことは身に沁みてないってことよ。
こちらは、濡れた髪をどうしようか、このままだと風邪を引いてしまうと悩んでいる妊娠9か月の妊婦だというのに。
元々沸点は低いけど、一気に達したよね。
髪の毛を拭いてやろうとか、一度ドライヤーを見てやろうとか、そういう気持ちは一切ないようなので、我が家で温風が出る唯一の電化製品(ドライヤー除く)である足元用のヒーターを椅子に乗せて、30分以上かけて何とか寝られるくらいまで髪を乾かした。
その間どうしても腹が立って仕方がないから「最近のOさんは、ホント最低だ」とメールしてやった。
前回の記事でもちらっと書いていた(恥ずかしすぎて詳しくは書けない)、最低最悪な出来事もあったので、これくらい言ってやらないと気がすまなかったんだよね。
布団に入ったところでOさんが声をかけてきたけど、ひたすら無視。
まだメールは見てなかったみたいで、その後「ごめん」と送ってきたけども。
ネットで新しいドライヤーを注文して(25日に届く予定)、少し落ち着いたところで、ここ数日私が悶々としていたことをバババッと書いたメールを送りつけた。
それで私の気が収まったかといえばそういうわけでもないのだけれど、Oさんはひたすら謝り続けてたし(私の気持ちは伝わったと思う)、私も少し泣いたらスッキリしたから、ドライヤーの件を含むここ数日の最悪な出来事は、水には流せないけど心の奥に仕舞っておこうという気になった。
やっぱり、泣くのを我慢するのは心身ともに良くないわ。
大人になると難しいけど、泣きたい時に泣くのが一番。

昨夜のドタバタで、買い物かごにいれていた複数の料理本(中古)は、買わないままセール期間が終了しました。
日付が変わるまでに買ってたら、ポイント10倍だったのに。
しばらくは買い物かごに入れたままになりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA