mm*inside
徒然日記
にょろのこと

妊婦健診14回目(臨月3回目)と入院。

昨日は妊婦健診14回目でした。
これで補助券なくなったよ。
予定日まで2週間、あと何回健診受けることになるかな。
健診はやっぱりあっさりしてて、子宮口は2~3センチの間くらい(2センチは確実に開いてるけど3センチには満たないって感じ)。
ぽん太にも私にも異常所見はなく、珍しく足と握りこぶしが見られたよ。
ぽん太の体重は、誤差の範囲だと思うけど(頭の大きさが前より小さくなってるからだと思う)、先週より200g少なかった。
とはいえ、お腹の中の赤子の体重が減ることはないそうなので、あんまりこの数値はあてにはならない気がする。
それはにょろの時にも実証済みだし(3200gって言われてたのに3600g超えだった)。
いい感じに進んでるけど、今すぐ出産に至るってことはないそうだ。
経産婦だし、油断はできないって何回も言われたけど。
次の健診は来週の火曜日です。

夕方、お風呂に入ろうと思ってトイレに行ったら、茶色いおりものが出ていて。
内診があったし、その刺激で出血したんだろうけど、お風呂に入ってもいいの?
お腹の張りは特には気にならない。
念のため産院に電話をしたところ、診察しますと言われたのでいそいそと産院へ。
「入院準備もしておいて」とのことだったから、入院セットも持っていく。
義母が来てくれていたから、車で連れていってもらえて助かったー。
子宮口は、2.5センチ。
少し刺激をしたから、もっと鮮血に近い出血があるだろうとのこと。
モニターでは、 20分間に4回の不規則な張り。
「経産婦だし出血も張りもあるから、念のため入院しても」と言われたけど、出産になるなら髪も洗っておきたかったし(湯船に浸かるのは不可でシャワーのみ可。出血してるから、お湯に浸かると細菌感染の率が上がるらしい)、ひとまず帰ることに。
一応、Oさんに連絡をしたら、たまたま早く帰れる日で、20時前には帰ってきてくれた。
そしたらよ。
19時半くらいから頻繁にお腹が張るじゃないのさ。
不規則なんだけど、8~10分くらいの間隔で、張りの長さは1分あるかないかくらい。
それが20時過ぎたら一気に3分間隔になったから、「これ、ヤバイの?」と慌てて産院へ電話。
痛みはないからまだ大丈夫だろうけど、進み出したら速いよーと度々言われてるから、こっちも慎重になるよね。
入院セットを持ってみたび産院へ。
お腹の張りは、4分間隔。
痛みはないし全然余裕。
子宮口3センチ。
出血あり。
ぽん太、超元気。
内診の最中「むっちゃ動いとるじゃん!」って言われる。
で、恐らく前駆陣痛なんだろうけど、経産婦だし抗生剤の投与もあるし、出血して頻回の張りもあるし子宮口3センチになってるし(夕方帰れたのは、まだ子宮口が3センチ開いてなかったから)、万が一陣痛になって間に合わなかったら困るから、入院することになった。
前回の入院は、出産に関わる入院ではなかったから無料個室は使えなかったんだけど、今回は無料個室に入れることになった。
たまたまトイレつきか洗面台つきか選べたから、トイレつきにしたよ。
テレビも有料だし(1日200円らしい)、有料個室よりはこざっぱりしてるけど、何の不自由もない。
むしろ有料個室もうちょっとレベル上げようよと思ったくらい。
テレビは自由に観させてもらいましたけどね。
やることないしね。
Oさんには帰ってもらって、万が一出産になったら連絡することにした。
まぁ、ならなかったけどね。

個室に移ったら、やっぱり不規則だけど頻繁に張るし少し痛みも出てきたんで、寝ようにも寝られない。
しかも隣の部屋の人が電話してるのかテレビ観てるのか、話し声が聞こえて気になる。
個室だけど、壁薄いんだなー。
「張りの間隔が定まったり、痛みが酷くなるようなことがあったら言ってね」と言われたけど、こんなもんじゃない。
にょろの時に微弱陣痛だったけど、それでも叫びたいくらいしんどかったもん。

アプリで張りを計測してる間に張りの間隔が遠退き、話し声も聞こえなくなり、気付いたら寝ていました。
まぁ、しっかり眠れたわけではないから、眠いけどね。
今朝の2回のモニターで帰ってもいいということになったので、無事退院です。
にょろは、幼稚園休んだらしいよ。
昨夜突然バタバタと出ていって、帰ってきたのが父ちゃんだけだったから、気落ちしたんだろう。
今日は午前保育だし、義母には迎えに来てもらえると助かるから、休んでくれた方が安心と言えば安心。
午後からは母だから(うん10年のペーパードライバ)、何かあったらタクシー呼ばなきゃだけど。
一応こうのとりタクシーには登録してるし、まぁ大丈夫でしょう。

さ、帰る準備しよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA